2012年02月14日

少年サッカートレーニングメニュー

se01.jpg

みんなと同じ練習をしているのに、実力差が開くばかりでサッカースキルが伸び悩んでいたとしても、
ゲーム全体の流れを把握できるようになり、随所で的確なプレーができるようになる練習法がこちら










あなたも、↓のような悩みがあるんじゃないでしょうか??



images (3).jpg




適切なポジショニングができない

サッカーをもっと上達したいが行き詰まっている

同じ練習ばかりでうまくなる気がしない

監督やコーチが頼りない






サッカー上達のためには、ドリブルの技術やパスの精度など、テクニック面のスキルアップは欠かせませんが、

小学生のサッカーに関して言えば、こうしたスキルは普段の遊びの中でも十分に練習ができるため、

チームとして練習時間を確保した時に、あえてやる必要はありません。


サッカーでもっとも大切なことは、こうしたテクニックではなく、戦術を踏まえたプレーの方法を学ぶことで、

たとえ小学生であっても、組織プレーをトレーニングすることの方が、サッカー上達には欠かせない要素となります。





se02.jpg

俺セン少年サッカーアカデミーは、元Jリーガーで元日本代表でもある遠藤彰弘さんが監修を行っているサッカートレーニングDVDで、

サッカー日本代表でも実際に実践している練習法がいくつも紹介されています。



遠藤彰弘さんは、遠藤保仁のお兄さんと言った方が早いかもしれませんが、知る人ぞ知る名選手で、

1996年アトランタオリンピックのU-23日本代表では、背番号10を背負ってプレーしていたほどのプレーヤーです。


Jリーグの優勝経験も5回も経験しており、日本屈指のサッカープレーヤーの一人です。
遠藤さんの詳細な実績やキャリアはこちら

se06.jpg






遠藤彰弘さんが俺セン少年サッカーアカデミーDVDの中で話しをしている通り、

サッカーはドリブルがうまくてもそれだけでは良い選手になることはできません。

たとえば、サッカー選手として腕を磨くためには、瞬時の判断力を養う必要がありますが、

そういった感覚はドリブルやパスの練習をどれだけ繰り返しても身につくものではありません。


se12.jpg

サッカーでは個人技よりも、相手に嫌がられる、怖がられる存在となるほうがよっぽど重要で、

そのためには、戦術を踏まえたうえでのプレー方法を身につける必要があります。



そこで遠藤さんのサッカートレーニングでは、個人技の練習にはほとんど重点を置くことなく、

プロの戦術を学び、状況判断の実技をマスターするような構成となっています。



具体的な練習メニューに関しては、こちらに詳しい説明がありますので、

ここではいくつかポイントを紹介していくと、



se13.jpg



次におこすプレーに大事な、ボールのない部分の動き

トップアスリートだからわかる、戦術の要素、相手の振り方。

重要な「走る能力」「動く能力」のポイント

プロのための世界レベルのキックフェイント






こうした内容となっていて、

相手がいることを常に意識することが大きな特徴となっています。








俺セン少年サッカーアカデミーのホームページには、遠藤彰弘の元に届けられたたくさんの体験談が紹介されています。


se08.jpg



魔法にかかったかのように、子供が急激に変わりだしたのです。

1回1回のトレーニングの成果が信じられないくらい向上しました。

サイドバックからでも得点、アシストができるようになりました。






彼らの声にあるように、

サッカーでは考えながらプレーをする癖を身につけているかどうかで、上達のスピードが大きく変わるもので、

もし小学生のころから、こうしたプレーを身につけておけば、その後のスキルアップのスピードが何倍も早めることができます。



遠藤彰弘さんの指導に従って、90分間の集中力、意識の使い方を学んでいけば、

厳しい練習を毎日何時間も続けることなく、↓のようになることができます。




soccerk08.jpg




相手が嫌なプレーができるようになる

大事場面で相手にボールを奪われないようになる

意味のない練習を続けることがなくなる

ボールを持っていない時のプレーに無駄がなくなる





se09.jpg

あれだけ開いていた実力がどんどん縮まっていき、試合で活躍するのが期待されるプレー技術を身に着けるにはこちら










別れた彼女
石塚あゆみバストアップ法
ステロイド
posted by 遠藤彰弘 at 08:10| 少年サッカー上達法 動画 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。